NO IMAGE

共存することをランプで例えた最近

  • 2019年9月18日
  • 2019年9月18日
  • ブログ
  • 213view

ブログからこのサイトに
でも旧ブログはそのまま残します。

思い返せばここから始まった
僕の発信するという生き方。
どう考えても向いてない発信だったけど、

なんだかんだ沈んだり復活したり
それでも一応続いているのは、
ひとえに応援してくれる人がいるからです。

人と比べたらきりがないし、
もう何かを始めようとした時に
怖がるのはやめちゃおうって思った最近です。


臆病で大胆というのは僕の特性の一つですが、
他人の目を気にした臆病というのは
昔の僕が陥った負のループでした。


例えば身だしなみを気にするとかにしても、
人の目が気になるからしていましたが

今はそんなのはどうでもよく、
自分が清潔にしていた方が心地良いからする。とか

他人に自分が動かされるような形ではなく
自分がしたいから。という考え方であれば、

無駄な時間も結果が出なかったとしても、
別に落ち込まないんですよね

誰かにブーブー言われても、あそう?ごめんね
ってスルーできちゃうことに気づいたんです。


逆に例えばAさんに気に入られたいから、
という動機で何かを頑張るとします。
しかしその結果を見てAさんは不満を漏らします。


すると他のBさんCさんに好評でも、
その努力は自分の中では無駄になります。
それだけではなく傷つきます。もういいことないじゃん

そもそもこの場合のAさんは、減点制気質である気がするので、
付き合ってるだけで疲弊するでしょうけど。



すると一つの結論に。
Aさんのために頑張るの無意味じゃない?


僕はこう思います。
何事も他人軸に合わせて頑張ると、
他人の船が沈めば自分も揺らぐ、

Aさんの世界でしか光らないランプを持っていても
Aさんの世界との繋がりがなくなった時、

そのランプはただの文鎮になるのです。

そんなもののために自分の精神や時間を削るのならば
[自分の世界で絶対光り続けるランプ]を作りそれでAさんの世界に持参するくらいのがちょうどいい。

Aさんがその光が心地よくないと感じるならそれまでで
気持ちを入れ替え、その光を気に入ってくれる人を探せばいい。


しかし今の世の中は自分の世界で光るランプは作らず、
他人の好みのランプだけを
しかも相手に合わせただけのオーダーメイドで量産する人ばかりだと思うのです。


そしたら相手が消えたら自分の世界は真っ暗です。

それはよくない、ムカつきませんか?
自分に

例えるのならオンラインで接続してる間だけ
相手のサーバーに構築されるゲームデーター


ゲーセンで100円入れて
セーブできないRPGソフトをプレイしているような物




簡単にいうと、依存と共存
共存するには確かに嫌われたりトラブルも起こりやすいかもしれないけど、
それは自然であり、より個々が自分らしく生きられる在り方だと思います。


自然環境なんかもそうじゃないかな?

おわり

という感じで旧ブログ最後の記事を載せてきました。
ありがとうはてなブログ。君の存在は初めて鶏を絞めたことから始まった
僕の狩猟生活に近いものがある。出発点でした!

告知!受注型:鶏を締める体験ワークショップ

突然の告知なんですが、僕が行う

受注型:鶏を締める体験ワークショップをコンテンツの一つにします。
決め事や、予約のやりとりスケジュール管理など
僕が苦手なことは理解ある方に手伝っていただき

僕はやることだけに集中できるので負担が激減。
という素敵な形です。周りの方に支えられた形。

もちろん小動物のが僕の得意分野なので
そちらも希望があれば応相談でやらせていただきます。

言い値とかではなく、ちゃんとお金はいただきます。
今まで言い値で行なったり、いいよいいよで色々やりましたが
それでは僕が食べていけませんでした。なのでよろしくお願いします。


トライアンドエラーを繰り返して質をよくしていきたいです。ではまた

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>仲間募集中

仲間募集中

ゲームでもアウトドアでもなんでもいい、ゆるいつながりを持って、気があったら焚き火でも囲んで語り合うとか良いよね。他人のダメなところじゃなくてイイところに重きを置く。社会性 常識 そんなお堅い美徳なんかに振り回されたくない。ポイズン。意識高くても低くても互いの良さを活かせばイイ。空気なんて読まなくてイイ。見切り発車の化学反応みたいなものこそが生き詰まった時間を進めてくれるのですよ。 主にTwitterを活用してるのでお気軽に繋がってくだされ。

CTR IMG